ゆるっと哲学についての
お知らせはこちらから

屈辱

屈辱2

【パンセー422】
 

自分の欠点を知らせてくれる人々には、多くの恩義がある。
なぜなら彼らは屈辱を与えてくれるからだ。

彼らは、
自分が軽蔑されていたことを教えてくれる。

だからといって、
これから軽蔑されないように防いでくれるわけではない。

軽蔑の種となる欠点は、
他にいくらでもあるからだ。

彼らは矯正の訓練とある一点の欠点からの解放を
準備してくれるのだ。




 自分の誤りや欠点について、
他人から指摘されることが好きな人は
ほとんどいないでしょう。

昨今では、
他人の欠点を指摘するどころか、
それ以上に相手の心を傷つける
「パワーハラスメント」「モラルハラスメント」などが
社会問題となっています。



 しかし、パスカルは
「他人が自分の欠点を指摘してくれることは
感謝すべきことだ」
と言っているのです。


これは、
パスカルが生きた時代は、
「パワハラ」「モラハラ」なんて
問題になっておらず、むしろ、
肯定されるべきものだったことを意味するのでしょうか?


そうではありません。




 実際、
パスカルはどんな人間でも、
他人に自分の欠点を指摘されるのは
嫌なものだと言っています。




 じっさい本当のところ、
私たちは真実と真実を語る人々を憎み、
彼らが私たちの有利になるように間違えてほしいと思い、
現実の私たちとは別人として
彼らから評価されたいと願っているではないか。
 

『パンセ(下)』断章 *62




 ここでパスカルが
「真実」と言っているのは、
「自分の欠点」のことです。


つまり、パスカルは、
人は自分が見てほしい自分を見てほしくて、
他人から欠点を指摘されるのが
とても嫌だということをわかっているのです。




 しかし、それでも、
パスカルは他人から
自分の欠点を指摘されることを肯定するのです。


なぜなら、それは、
自分の欠点を克服するチャンスになるからです。




こうして、
他人が私たちのうちに欠点や欠陥ばかり見つけるとしても、
そうした欠点が現実に私たちのものなら、
彼らが私たちに害をなしていないのは明らかだ。

なぜなら彼らはその原因ではないからだ。

また、
彼らが私たちのためになることを
しているのも明らかだ。

彼らは私たちを、
そうした欠陥に対する無知という悪から
解放する手助けをしてくれるのだから。

他人が私たちの欠点を知り、
私たちを軽蔑していることで
腹を立ててはいけない。


彼らが私たちをありのままに知り、
もしも私たちが軽蔑に値するのなら、
軽蔑するのは正しいのだから。
 

『パンセ(下)』断章 *62

 


 なお、
上の文章からもわかるように、
他人から欠点を指摘されて、
それをみとめるべきなのは、
「彼らが私たちをありのままに知り、
もしも私たちが軽蔑に値する」

場合のみなのです。


なので、
「パワハラ」「モラハラ」などの
理不尽な言いがかりに関しては、
むしろ正しくないため、
無視や避けるべきだと考えられます。



 ところで、なぜ、
パスカルは他人から
自分の欠点を指摘されることを
チャンスだと思うのでしょうか。


なぜなら、
自分の欠点は
自分では気が付きにくいからです。


正確に言えば、
気が付いているにもかかわらず、
私たちの中にある「自己愛」
自分の欠点を見ないようにさせているからです。




 「自己愛」
「自分だけを愛し、自分だけを尊重する」
ような人間の心のありようです。


私たちには、
「自己愛」が生まれつき備わっており、
この「自己愛」が本当の自分をみることを
邪魔するのです。

 

 そのため、
パスカルは他人から
欠点を指摘されるのはつらいことでも、
「自己愛」で本当の自分が見えなくなるよりは
良いことだと考えたのです。




 (前略)この良薬
(他人から遠回しに自分の欠点を指摘されること)が
自己愛にとって苦しいことに変わりはない。

自己愛は
それをできるだけ少ししか
飲もうとしない。

それもいつもいやいやながら、
そしてしばしば薬を差し出す人に対して
ひそかな恨みを抱きながらである。
 

『パンセ(下)』断章 *62




 「自己愛」に溺れる人は、
偽りの自分しか愛せなくなるのです。


偽りの自分しか愛せない人は、
いつしか、本物の自分を見失い、
自分の行くべき道を見失いかねません。

 

 それに対して、
他人から自分の欠点を指摘されるのは、
「良薬」になるのです。

自分が変わるチャンスになれるのです。

 

 しかし、
それが「良薬」であるのは、
あくまで、
他人の言うことが正しい場合にかぎります。


もし、「良薬」であれば、
少し苦みがあっても飲んでみるのが
いいかもしれません。

 

 一方、
「パワハラ」は「モラハラ」は
単なる「毒薬」です。


飲まないようにするのが一番ですが、
飲んでしまったら
早く吐き出してしまいましょう。



____おしらせ_____


不安を力に変える
ゆるっと哲学

7/21発売決定です🙌

 
漫画のサンプルは
アマゾンのページとやブログ
ご覧いただけます。 


ぜひご覧ください〜!
 
アマゾンに飛ぶ 

楽天に飛ぶ